HOME > 入れ歯・ブリッジ治療

入れ歯・ブリッジ治療

失った歯の機能を取り戻すために

栃木県宇都宮市の歯医者「あおきファミリー歯科」では、失った歯の機能を取り戻す、入れ歯治療、ブリッジ治療を行っています。口腔内の状態やご希望、ご予算に応じて、最適なご提案をいたしますので、まずは一度ご相談ください。

合わない入れ歯で我慢していませんか

「入れ歯は痛いもの」「しっかり咬めないもの」と思っていませんか。合わない入れ歯を我慢して使っていると、食事を楽しめないだけでなく、口の中を傷つけたり、咬み合わせが悪くなったり、顎の骨が弱ったりといったトラブルが起こります。入れ歯は患者様の口腔内を精密に計測し、咬み合わせなどを考慮することで、患者様のお口にぴったりの入れ歯を作ることができます。

当院では、患者様のお口に合った入れ歯をお作りするだけでなく、入れ歯の修理・調整も手がけています。今現在お使いの入れ歯も調整を行うことで、快適な咬み心地を実現できます。合わない入れ歯でお困りの方は、一度当院までご相談ください。

失った歯を補う治療方法

失った歯を補う方法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。以下ではそれぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

入れ歯 ブリッジ インプラント

着脱式の歯の機能を補う装置です。あらゆる症例に対応できます。 失った歯の両隣の歯を削り、そこに橋をかけるように固定する装置です。1本~数本の歯を失った場合に有効です。 歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋め込み、その上に人工歯を被せる治療です。インプラントで入れ歯を支えるという治療もあります。



  • 保険適用の入れ歯もあり、比較的安価
  • 治療期間は比較的短い
  • 多くの症例に適応できる
  • 手術が不要
  • 歯がしっかり固定でき、違和感が少ない
  • 保険が適用されるケースがある
  • 手術が不要
  • 見た目が自然
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • 周りの歯への負担がない
  • 金属アレルギーの心配が少ない




  • 入れ歯と気付かれる場合がある
  • 慣れるまで違和感が出る場合がある
  • 部分入れ歯は周囲の歯に負担をかけてしまう
  • 毎日のお手入れが必要
  • 健康な歯を削ることになる
  • 支えとする歯に負担がかかり、将来的に失ってしまう場合がある
  • 治療費が高額
  • 外科手術が必要
  • 適用できないことがある

入れ歯治療の種類

入れ歯は、保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯からお選びいただけます。保険診療の入れ歯は安価で作れますが、機能性と見た目の美しさを追求するなら自費診療の入れ歯がおすすめです。

当院では、患者様のご要望やご予算に合わせて、最適なご提案をしています。こちらでは当院で取り扱っている入れ歯の種類をご紹介します。

レジン床入れ歯(保険適用)

床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使った入れ歯です。使用直後に違和感が出る場合がありますが、使用するうちに慣れます。比較的安価で作ることができ、修正や調整が簡単にできます。

メリット
  • 保険適用のものもあり、比較的安価
  • ほとんどの症例に対応できる
  • 修正・調整が簡単
デメリット
  • 装着感がやや劣る
  • プラスチック製で厚みがあるため、食べ物の温度が伝わりにくい
  • 使用直後は痛みや違和感が出る場合がある
金属床義歯

顎に当たる床の部分が金属でできた入れ歯です。薄く作ることができるため、食べ物の温度を感じやすく食事を楽しめます。ため、長く使うことができます。

メリット
  • 床部分が薄く、食べ物の温度が伝わりやすい
  • 丈夫で壊れにくい
  • 装着感が良い
  • 汚れが付着しにくい
デメリット
  • 自費診療のため高額
  • 修理ができない可能性がある
  • 金属アレルギーのリスクがある
BPSデンチャー

歯科医師と歯科技工士が連携して作るフルオーダーメイドの入れ歯です。顎や筋肉の動き、咬み合わせなどを考慮しながら作製するため、自然な咬み心地が得られます。

メリット
  • 天然の歯に近い美しい見た目
  • 外れにくく痛みが出ることがない
  • しっかり咬める
デメリット
  • 自費診療のため高額
コーヌスクローネデンチャー

バネの代わりに、茶筒の原理を利用して入れ歯を固定します。外れにくくとても自然な咬み心地が得られます。

メリット
  • 金属バネがなく、見た目が自然
  • 装着感が良く、自然な咬み心地
デメリット
  • 自費診療のため高額
マグネットデンチャー

歯根に金属を、入れ歯に磁石を埋め込み磁力で固定する入れ歯です。外れにくくしっかり咬むことができ、異物感がありません。簡単に着脱が可能です。

メリット
  • 周囲の歯の負担が少ない
  • 耐久性に優れている
  • 見た目が自然
  • しっかり咬める
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 自費診療のため高額
ノンクラスプデンチャー

金属のバネがない入れ歯です。吸着性の高いシリコン素材で作製され、歯ぐきにぴったりフィットします。

メリット
  • 金属バネがなく、見た目が自然
  • 周囲の歯にかかる負担が少ない
  • 装着感が良い
デメリット
  • 経年により変色・変形する可能性がある
  • 食べ物の温度を感じにくい
インプラントオーバーデンチャー(ロケーターアタッチメント)

数本のインプラントを顎の骨に埋め込み固定する入れ歯です。入れ歯と顎の骨を固定するため、しっかり咬むことができます。プラスチック製のアタッチメントは取り外し可能です。

メリット
  • 入れ歯を固定できる
  • 見た目が自然
  • 取り外しができ、お手入れが簡単
デメリット
  • 適応できない症例もある
  • インプラント(人工歯根)を埋め込むための外科手術が必要
  • 自費診療のため高額